製ぱん記録‎ > ‎

2009/12/12

2009/12/12 15:42 に Yukio Ogawa が投稿   [ 2009/12/12 16:00 に更新しました ]

あまった全粒分+ライ麦粉のパン

中種づくり 00:00~12:00

  • 全粒粉(北海道・強力粉タイプ) ... 50g
  • 酵母液 ... 50g
  • 発酵時間 ... 12時間
  • 室温 ... 22℃~(冷蔵庫の脇に置いておく。冷蔵庫の表面温度22℃~30℃)
りんごジュースを継ぎ足して間もない為、酵母液が薄くて時間がかかってしまった。

一次発酵 12:00~24:00

  • 水 ... 110g
  • 全粒粉(北海道・強力粉タイプ) ... 30g
  • ライ麦粉...50g
  • 強力粉(南のめぐみ) ... 220g
  • 塩 ... 2.5cc(小匙 1/2)
  • こね ... 0.5時間(実質10分程度)
  • 室温 ... 22℃
  • 発酵時間 ... 12時間
小麦粉 合計 300g
酵母液+水  合計 160g

二次発酵 00:00~07:30

  • 発酵時間 ... 7時間
  • 全粒粉(打ち粉) ... 少々
打ち粉を多め、ライ麦粉を焼き型の底にまぶしてみた。
睡眠中なので、温度を上げずに時間をかけて発酵させた。

焼き 07:30~07:50

  • オーブン温度 ... 220℃
  • 焼き時間 ... 20分

できあがり

薄い酵母液のせいか、時間がかかってしまった。
焼き型の周囲のくっつきは、ナイフで軽く切り離せた。底はくっついていなかった。バターや油類はなくても大丈夫のよう。
砂糖なしのせいか、ほんのり塩味のパンになった。
1次発酵の水は、もう少し多くてもよいかも。
Comments